2020.01.08【結婚式のマナー】招待状に同封するものとは?会場地図や付箋など必要なアイテムをリストアップ

【結婚式のマナー】招待状に同封するものとは?会場地図や付箋など必要なアイテムをリストアップ

結婚式のアイテムの中でも
ゲストが最初に目にすることになる招待状。

ゲストが当日のスケジュールを把握するための案内状であり
ふたりの結婚式を印象づける大切なアイテムでもあります。

でも、同封するアイテムは
何をどんな紙で用意したらいいのか
わからない人も多いはず!

情報が足りないことでゲストを不安にさせたり
問い合わせる手間がかからないよう
必要なアイテムを把握しておくことが
スムーズな招待状発送へのポイントになります♪

そこで今回は、招待状に同封すべきものを
アイテムごとにリストアップしてご紹介します。
ルールやマナーを抑えて
ゲストを気持ちよく結婚式にお招きしましょう!


■招待状に同封するもの

招待状に同封するものには

①ゲスト全員に同封するもの
②一部のゲストに同封するもの


の2種類があります。

まずはそれぞれに必要なアイテムを
ご紹介していきますね。


①ゲスト全員に同封するもの

・招待状の本状
披露宴への案内が記載された招待状のメインです。
A5サイズを二つ折りにしたものが一般的で
挨拶・日時・場所・主催者の名前・はがきの返送期限
を必ず記載します。

・返信はがき
ゲストが出欠を記入して主催者に送るためのはがきです。
裏には出欠のチェック欄と主催者へのメッセージ欄があり
表には主催者への宛先が印刷されています。
はがきは記入してすぐに出してもらえるよう
63円切手(※) を貼っておくのを忘れずに!
(※2020年1月現在)

最近では出欠の他に、
食事のアレルギーの有無について記載する欄もありますが
会場によって対応できない場合もあるので
事前にプランナーさんに確認すると安心です。

・会場への地図とバスの送迎案内
最寄り駅から会場までの道のりや
駐車場への案内図が書かれた会場への地図です。
結婚式場で用意している会場への地図を購入すると
手間がかからず確実です。

バスの送迎が不要なゲストでも
当日急な交通トラブルで送迎が必要となる場合も!
念のため全員にバスの送迎案内は入れておきましょう。


②一部のゲストに同封するもの

挙式の参加や祝辞の依頼など
一部のゲストにのみ必要な情報は
①とは別に「付箋」という紙を用意します。

名刺サイズが一般的ですが特に決まりはありません。
「付箋」で用意する内容には
どんなものがあるのかみていきましょう。

・挙式への列席
一部のゲストにのみ挙式の列席をお願いしたい場合は
挙式会場・開始時間(集合時間)を記入します。
※ゲスト全員に列席をお願いしたい場合は
 本状に記載するのが一般的です

・主賓挨拶や受付などの依頼事
披露宴内での乾杯や主賓挨拶、受付、余興など
お願いしたいことへの依頼状です。
いきなり同封するのはNG。
事前に本人に依頼したい旨を伝えておき
OKの返事をもらったら
確認と正式な依頼の意味を込めて同封しましょう。

・宿泊案内
遠方からのゲストなど
主催者が宿泊を手配する場合に必要です。
ホテル名と連絡先、チェックイン時刻
会場からホテルまでの交通手段を
記載しておくと親切です。

・二次会の案内
一部のゲストにのみご案内する二次会の情報も
招待状に同封することができます。
二次会の日時・場所・参加費用・披露宴会場からの地図
幹事名と連絡先を明記するのも忘れずに!

・その他
その他には親族紹介や集合写真の撮影の案内
着付けやヘアセットの受付の案内などがあります。

必要以上の案内を同封するのは
ゲストが混乱する原因にもなりますので
自分で予約する人も多い美容の案内は
女性ゲスト全員ではなく
依頼があった人にのみ同封しましょう。


■ゲストカードの同封で受付もスムーズ!

最近では招待状に
ゲストカード(芳名カード)を同封して
事前に記入してもらったものを
芳名帳代わりにする人が増えています。
自宅でゆっくりと記入してきてもらい
結婚式当日に受付で渡してもらうことで
混雑しやすい受付もとってもスムーズ!

新郎新婦へのメッセージ欄があるものを選べば
ひとりひとりからのお祝いのメッセージも
受け取ることができるのがうれしいですよね。


■郵送前に気を付けたいこと

・封筒への入れ方
封筒への入れ方に特に決まりはありませんが
ゲストに目を通して欲しいものの順に重ねていくのがおすすめ。
手前から
招待状→会場への地図→返信はがきの順番に重ねていき
バラバラになりがちな小さな付箋は
招待状の中に挟んでおきましょう。

・プランナーさんに確認してもらうと安心
招待状の文面や内容は、発送前に必ず
プランナーさんやご両親に確認してもらいましょう。
お祝い事にふさわしくない「忌み語」をはじめ
地域や会場によって独自のルールがある場合もあるので
第三者の目で事前にチェックしてもらうのが安心です。

・切手は慶事用を用意する
切手は慶事用のものを
郵便局で購入して貼り付けましょう。
ハッピーリーフの招待状は基本的に
94円切手(※) が必要になりますが、
同封するものによって切手料金が変わります。
必ず購入前に郵便局へ招待状1セットを持ち込んで
重さを量ってもらうようにしましょう。
(※2020年1月現在)


招待状の封筒に同封するアイテムと
郵送前に気をつけたいことをご紹介しました。

ゲストに最初に届く招待状は
結婚式のイメージを左右する大切なアイテム。
おしゃれなだけじゃない
受け取る相手への礼節をわきまえた招待状は
結婚式への期待感を高めてくれるはずです♪

発送前には足りないものがないかしっかりと確認し
ゲストに失礼のない招待状を送ってくださいね。


▶HAPPY LEAF 招待状一覧へ