招待状 文例集|差出人を新郎新婦の名前で出す場合

新郎新婦の名前で出す場合(媒酌人あり)

謹啓 時候の挨拶 皆様には益々のご清祥のことと
お慶び申し上げます
このたび 媒酌人様ご夫婦のご媒酌によりまして
結婚式を挙げることになりました
つきましては 日ごろお世話になっている方々に
お集まりいただき ささやかな披露宴を催したいと存じます
ご多用中 誠に恐縮ではございますが
ご来臨の栄を賜りたく 謹んでご案内申し上げます
謹白平成○年○月吉日
新郎名   新婦名




日時   平成○年○月○日
     挙 式  午前○○時○○分
     披露宴  午前○○時○○分

場所   ○○ホテル ○○の間
     ○○県○○市○○区 ○−○−○
     電話 ○○−○○−○○

なお 誠に勝手ながら○○月○○日までに
同封の返信用葉書にてご返信いただければ幸いに存じます

新郎新婦の名前で出す場合(媒酌人なし)

謹啓 時候の挨拶 皆様には益々のご清祥のことと
お慶び申し上げます
このたび 私たちは結婚式を挙げることになりました
つきましては 日ごろお世話になっている方々に
お集まりいただき ささやかな披露宴を催したいと存じます
ご多用中 誠に恐縮ではございますが
ご来臨の栄を賜りたく 謹んでご案内申し上げます

謹白
平成○年○月吉日
新郎名   新婦名




日時   平成○年○月○日
     挙 式  午前○○時○○分
     披露宴  午前○○時○○分

場所   ○○ホテル ○○の間
     ○○県○○市○○区 ○−○−○
     電話 ○○−○○−○○


なお 誠に勝手ながら○○月○○日までに
同封の返信用葉書にてご返信いただければ幸いに存じます