結婚式後にゲストのご自宅へ
引き出物を宅配する『引き出物宅配』。

引き出物宅配で贈りたい!と考えてはいるものの、

・ゲストが喜ぶオシャレで上質なものはあるの?
・送料がかかると高くつくのでは?
・結婚式当日に引き出物がなくても大丈夫かな?
・ゲストの配達先を登録するのが面倒くさそう‥

などの不安をお持ちの方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、そんな不安や疑問を解決する
姉妹ブランド THE GIFT SHOP HYACCA
引き出物宅配 7つの特徴 をご紹介いたします☆

「ゲストに本当に喜んでもらえる引き出物を探している」
「どこの宅配業者さんがいいのか比較検討中‥」
という方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

▶HYACCAの引き出物宅配は こちら


1.心ときめくギフトをセレクト

「大事な人に、嬉しいを贈る」をコンセプトに
もらって嬉しい商品だけをセレクトしています。

・こだわりの商品ラインナップ
食器やタオルは、長く使えて日常に馴染みやすいものを。
カタログギフトは、商品やページ構成にこだわった
選ぶ楽しさのあるシリーズを。
引き菓子は、本当に美味しいものだけを。
式場では買えないブランドのギフトも豊富に取り揃え、
品質の良い「本当に喜ばれる」商品を厳選しています◎

・新商品を毎月リリース
毎月リリースしている新商品があるからこそ
友人の結婚式の引き出物と被ってしまったり、
参列経験が多いゲストにありきたりだ…と思われてしまう
心配がありません☆

・HYACCAオリジナルギフトも
「素敵なひとときを贈る」をテーマにした
HYACCAオリジナルギフト『エスペシャリボックス』。
細部までこだわった専用のラッピングでお届けする
特別なギフトセットです♪



▶HYACCA 引き出物全商品一覧は こちら

▶『EspeciallyBox』詳細は こちら


2.ゲストごとに商品を自由に組み合わせられる

宅配する商品はHPに掲載している全商品から
自由に組み合わせることができ、
2品、3品…とゲストによって品数も変えられるので
本当に喜ばれる商品をチョイスできます♪



また、引き出物を選ぶ際に知っておくと安心なマナーや
商品選びのポイントなど
引き出物の準備に役立つ情報が詰まった
引き出物宅配ガイドブックを無料で配布しておりますので
まずは資料請求がオススメです☆

▶資料請求 ご注文フォームは こちら


3.上質さが伝わる丁寧なラッピング・梱包

引き出物宅配を検討するとき
「どのような状態でゲストの自宅に届くのか」は
特に気になるポイントですよね!

HYACCAの引き出物宅配は
ロゴをプリントした白地のダンボールでお届け。
ゲストの年齢・性別にかかわらず受け取りやすい
シンプルなデザインです◎



フタを開けるとまず目に留まるインナーペーパーは、
アーティスト・Laura Hickmanによって描き下ろされた
HYACCAオリジナルデザイン。
インナーペーパーは、箱を開ける際に引き出物を守るだけでなく
ギフトへの期待感をも高めてくれます♪



インナーペーパーの下には
商品とメッセージカードが入っています。



メッセージカードは、水引に金箔をあしらった
のし代わりにもなる華やかなデザイン。
お礼のメッセージとともに、
新郎新婦ふたりの名前を印字します。

実際にゲストに届く状態や品質を確かめたい!という方は
「HYACCAの引き出物宅配お試し購入サービス」がオススメ♪

▶引き出物お試し購入の詳細は こちら


4.披露宴当日ふたりの心遣いが伝わる案内カード

ご年配の方や参列経験が少ない方にとっては、
まだまだ引き出物は当日持ち帰ることが一般的。
そんなゲストにも安心していただけるよう、
後日配送でお届けすることをお伝えする
引き出物宅配案内カード もご用意しました。
(オプション:送料¥800(税別)がかかります)

テーブルに準備しておけば
ゲストの方にもふたりの想いがスムーズに伝わります◎




5.スマホで完結!簡単なご注文方法

商品選びから注文完了まですべてスマホで完結するので
いつでもどこでもご注文が可能です。

また、マイページ内の ゲスト名簿管理機能
事前にお届け先情報をご登録いただくと、
さらにご注文がスムーズに☆
既にハッピーリーフでゲスト名簿をご登録済みの方は
そのままご使用いただけるので一石二鳥!


6.4,000円以上のご注文で送料無料!

お届け先1か所につき4,000円(税別)を超える場合
通常800円(税別)の送料が無料に!
一般的な引き出物は、
4,000円(引き出物メイン3,000円 + 引き菓子1,000円)
以上なので、ほとんどの方は送料が無料になります。

引き出物宅配は、式場への持ち込み料金や
紙袋代などもかからないことがほとんどなので
商品代金だけで引き出物を贈ることができますね♪



7.安心のアフターフォロー

商品の発送が完了したら
おふたりへメールにて発送伝票番号をお知らせ。
配送会社の追跡サービスにて、
ゲストの自宅に到着したか確認ができます。

「注文したから終わり」ではなく
最後までお届けできるよう
しっかりフォローしますのでご安心くださいね◎


以上、HYACCAの引き出物宅配について
7つの特徴をご紹介いたしました。


さらに!招待状+引き出物宅配のご注文で
1箱につき 卓上カード&プチバッグ をプレゼント☆など

ハッピーリーフ&ハッピームービーズのアイテム
 ・招待状
 ・席次表
 ・演出ムービー

と、組み合わせてご注文いただくとおトクな
「セット割」も実施中!
(ご注文は同時でなくてもOK◎)

▶セット割の詳細は こちら


また、引き出物宅配のみのご注文でも
20万円以上ご注文いただいた方には
スペシャルプレゼントをご用意☆



結婚式当日用意しておくとゲストに喜ばれる
『プチギフトバッグ』
または、
大人気プチギフト
『スタイルプチ ポーチ/お菓子付き』を
お届け配送数分プレゼント!

▶引き出物宅配スペシャルプレゼントの詳細は こちら
※ハッピーリーフやハッピームービーズとの
 セット割との併用はできかねます


いかがでしたでしょうか?

「ゲストに本当に喜ばれるものを贈りたい」
「しっかり上質なラッピング・梱包で贈りたい」
「注文をスマホだけで完結させたい」

こんな風にお考えの方はHYACCAの引き出物宅配がピッタリ☆
ぜひ、ご検討ください♪


▶HYACCA ONLINE STORE 引き出物 全商品一覧へ
(姉妹サイトHYACCAへ移動します)

結婚式場が決まったら
いよいよ招待状の準備がはじまります。
どんなデザインにしようかワクワクしますよね!
招待状を送る人をリストアップする中で、
招待状は両親や兄弟姉妹にも送るべきなの?
と疑問に思った人も多いはず。

いつも顔を合わせている
両親や兄弟姉妹だから口頭でいいよね!
と思いがちですが、
実は家族間の招待状送付にもルールがあるのです!

大切な家族にも気持ちよく参加してもらうために
今回は、家族への招待状の出し方を
両親、兄弟姉妹、親戚ごとに解説!

家族に送る際に気をつけたいポイントも
一緒にご紹介していきますね♪


①両親にも招待状を渡しておくのがベター

両親への招待状は必須ではありません。
紙代がもったいないし、口頭やメモを渡せばいいんじゃない?
と、思いますよね。

でも両親にとっては
息子、娘の晴れの日を記した大切な招待状。
記念としてとっておきたい!と思っている親御さんも多いんです。

また、親族や兄弟からの結婚式についての質問は
本人よりも両親に連絡がいくことが多くなります。
親族からの電話で
「招待状に書いてあるこのことだけど・・・」
と言われたときに手元に招待状がないと
ふたりに確認をしなければならず
二度手間になってしまいます。

そういった質問にもすぐに回答ができるように
手元に置いておいてもらうのがおすすめ!

現在は少なくなっていますが
招待状の差出人名が新郎新婦ではなく、両親の場合もありますよね。
差出人がどちらでも、新郎新婦が製作する場合は
両親用にも招待状を用意しておきましょう。


②兄弟姉妹は同居か別居かで変わる

気を付けたいのは兄弟姉妹の場合です。
独身か既婚か、両親と同居か別居かによって
招待状の送り方が変わってくるので注意が必要です。

兄弟姉妹が独身の場合
親と同居していれば、家族として親宛または連名で1通送ればOKです。
親と別居していれば、親とは別に兄弟姉妹に宛てて1通送ります。

兄弟姉妹が既婚の場合
同居、別居関係なく全く別の世帯と考えて、
1世帯に1通招待状を用意するのが一般的です。


③親族への招待状は必須!

祖父母や伯父、伯母などの親族の場合は
必ず招待状を渡しましょう!
もし招待する親族が両親と同居している場合も
参列客としてご祝儀を用意してくれているはず!

そのため、ひとりの招待客として
招待状を渡すのがマナーになっています。


■返信はがきは必要?

両親や兄弟姉妹宛の招待状には
基本的に返信はがきは必要ありません。

封筒や付箋とセットでオーダーしたから
返信はがきも一緒に送りたい!
という場合は同封しても問題ありません。

1点気を付けたいのは、返信はがきの切手のこと。
返信が不要だからと切手を貼っていないものを送ると
「切手の貼り忘れかな?」と思われる可能性も!

もし、切手が貼られていないものを送ってしまった場合は
相手が不快に感じないように
「返信はがきもセットで入っているけれど、返信はしなくて大丈夫です」
と、ひと言伝えておくと安心ですね。

親族の場合は、出欠確認はもちろん
名前の漢字やアレルギーの有無を確認するためにも
返信はがきで返信してもらうのがおすすめ!

また、返信はがきにはメッセージ欄があるため
あえて返信はがきを入れておくことで
普段はもらうことがない家族や親族からのメッセージを
もらうことができるというメリットもあります♪


■郵送と手渡しどちらがいいの?

手渡しできる人には手渡しすると喜ばれますし
切手代も節約できちゃいますが、
遠方の家族や親族には
手渡しが難しい場合もありますよね。

手渡しを重視するあまり
ゲストの手元に届くのが遅くなってしまうのはNG!
その際は手渡しにこだわらず、電話で結婚の挨拶と
招待状を郵送する旨を伝えることが大切です。

手渡しする場合に気をつけたいのは以下の3点☆

・宛名に住所は書かず氏名のみ
・封筒はのり付けしない
・返信はがきを同封する場合は切手を忘れずに!


大切な両親へ渡す招待状は
無事に結婚式を挙げられることへの感謝を込めて
手渡しするのがおすすめ。

家族だからいらないよ!となった場合も
「親族からの問い合わせがあったときのためと、
結婚式の記念として持っておいてほしい」
ということを直接伝えれば、両親もうれしいはずです☆


■家族に招待状を出さない場合

それでもやっぱり家族や親族に招待状は出さない!
となった場合は、
新郎新婦が家族や親族に出欠の確認を取り
招待状を送らない旨をしっかりと伝えてから
日時や場所を確実に伝えることが肝心です。

招待状を送る人とは別に
送らない人向けのリストも作っておくと安心ですね。

また、日時や場所に関しては
後から「聞いてない!」なんてトラブルになることも・・・
メールや手紙など、相手の手元に残る形で送り
届いているかの確認の電話も忘れないようにしましょう!


ついつい後回しになりがちな家族への招待状。
感謝の気持ちを伝える結婚式だからこそ
マナーを守った上で、心を込めて渡したいですよね。

家族にも1家族に1通、招待状を送るのが一般的ですが
家族だからこそ相談できる部分でもあります。
直接相談した上で相手の意向を汲むのが何よりいい方法!
家族や親族が気持ちよく参加できる結婚式にしてくださいね♪

HAPPY LEAFの招待状一覧へ