結婚式のアイテムの中でも
ゲストが最初に目にすることになる招待状。

ゲストが当日のスケジュールを把握するための案内状であり
ふたりの結婚式を印象づける大切なアイテムでもあります。

でも、同封するアイテムは
何をどんな紙で用意したらいいのか
わからない人も多いはず!

情報が足りないことでゲストを不安にさせたり
問い合わせる手間がかからないよう
必要なアイテムを把握しておくことが
スムーズな招待状発送へのポイントになります♪

そこで今回は、招待状に同封すべきものを
アイテムごとにリストアップしてご紹介します。
ルールやマナーを抑えて
ゲストを気持ちよく結婚式にお招きしましょう!


■招待状に同封するもの

招待状に同封するものには

①ゲスト全員に同封するもの
②一部のゲストに同封するもの


の2種類があります。

まずはそれぞれに必要なアイテムを
ご紹介していきますね。


①ゲスト全員に同封するもの

・招待状の本状
披露宴への案内が記載された招待状のメインです。
A5サイズを二つ折りにしたものが一般的で
挨拶・日時・場所・主催者の名前・はがきの返送期限
を必ず記載します。

・返信はがき
ゲストが出欠を記入して主催者に送るためのはがきです。
裏には出欠のチェック欄と主催者へのメッセージ欄があり
表には主催者への宛先が印刷されています。
はがきは記入してすぐに出してもらえるよう
63円切手(※) を貼っておくのを忘れずに!
(※2020年1月現在)

最近では出欠の他に、
食事のアレルギーの有無について記載する欄もありますが
会場によって対応できない場合もあるので
事前にプランナーさんに確認すると安心です。

・会場への地図とバスの送迎案内
最寄り駅から会場までの道のりや
駐車場への案内図が書かれた会場への地図です。
結婚式場で用意している会場への地図を購入すると
手間がかからず確実です。

バスの送迎が不要なゲストでも
当日急な交通トラブルで送迎が必要となる場合も!
念のため全員にバスの送迎案内は入れておきましょう。


②一部のゲストに同封するもの

挙式の参加や祝辞の依頼など
一部のゲストにのみ必要な情報は
①とは別に「付箋」という紙を用意します。

名刺サイズが一般的ですが特に決まりはありません。
「付箋」で用意する内容には
どんなものがあるのかみていきましょう。

・挙式への列席
一部のゲストにのみ挙式の列席をお願いしたい場合は
挙式会場・開始時間(集合時間)を記入します。
※ゲスト全員に列席をお願いしたい場合は
 本状に記載するのが一般的です

・主賓挨拶や受付などの依頼事
披露宴内での乾杯や主賓挨拶、受付、余興など
お願いしたいことへの依頼状です。
いきなり同封するのはNG。
事前に本人に依頼したい旨を伝えておき
OKの返事をもらったら
確認と正式な依頼の意味を込めて同封しましょう。

・宿泊案内
遠方からのゲストなど
主催者が宿泊を手配する場合に必要です。
ホテル名と連絡先、チェックイン時刻
会場からホテルまでの交通手段を
記載しておくと親切です。

・二次会の案内
一部のゲストにのみご案内する二次会の情報も
招待状に同封することができます。
二次会の日時・場所・参加費用・披露宴会場からの地図
幹事名と連絡先を明記するのも忘れずに!

・その他
その他には親族紹介や集合写真の撮影の案内
着付けやヘアセットの受付の案内などがあります。

必要以上の案内を同封するのは
ゲストが混乱する原因にもなりますので
自分で予約する人も多い美容の案内は
女性ゲスト全員ではなく
依頼があった人にのみ同封しましょう。


■ゲストカードの同封で受付もスムーズ!

最近では招待状に
ゲストカード(芳名カード)を同封して
事前に記入してもらったものを
芳名帳代わりにする人が増えています。
自宅でゆっくりと記入してきてもらい
結婚式当日に受付で渡してもらうことで
混雑しやすい受付もとってもスムーズ!

新郎新婦へのメッセージ欄があるものを選べば
ひとりひとりからのお祝いのメッセージも
受け取ることができるのがうれしいですよね。


■郵送前に気を付けたいこと

・封筒への入れ方
封筒への入れ方に特に決まりはありませんが
ゲストに目を通して欲しいものの順に重ねていくのがおすすめ。
手前から
招待状→会場への地図→返信はがきの順番に重ねていき
バラバラになりがちな小さな付箋は
招待状の中に挟んでおきましょう。

・プランナーさんに確認してもらうと安心
招待状の文面や内容は、発送前に必ず
プランナーさんやご両親に確認してもらいましょう。
お祝い事にふさわしくない「忌み語」をはじめ
地域や会場によって独自のルールがある場合もあるので
第三者の目で事前にチェックしてもらうのが安心です。

・切手は慶事用を用意する
切手は慶事用のものを
郵便局で購入して貼り付けましょう。
ハッピーリーフの招待状は基本的に
94円切手(※) が必要になりますが、
同封するものによって切手料金が変わります。
必ず購入前に郵便局へ招待状1セットを持ち込んで
重さを量ってもらうようにしましょう。
(※2020年1月現在)


招待状の封筒に同封するアイテムと
郵送前に気をつけたいことをご紹介しました。

ゲストに最初に届く招待状は
結婚式のイメージを左右する大切なアイテム。
おしゃれなだけじゃない
受け取る相手への礼節をわきまえた招待状は
結婚式への期待感を高めてくれるはずです♪

発送前には足りないものがないかしっかりと確認し
ゲストに失礼のない招待状を送ってくださいね。


▶HAPPY LEAF 招待状一覧へ

招待状や席次表は季節に合わせたデザインで
ゲストにおもてなししたい♪
と考えている人も多いですよね。

でも、実際に
招待状を発送する時期と挙式日には
数ヶ月のズレがあります。

例えば、春まっさかりの4月に挙式予定の場合は
招待状を発送するのはまだまだ寒さが厳しい1月や2月。
招待状のデザインは発送時期に合わせた冬のお花や
ダークなカラーを選ぶのがいいの?
それとも春をイメージした桜やピンクモチーフ?
と悩みますよね。

また、それぞれに季節のデザインを取り入れる場合も
招待状と席次表で異なるデザインにすると違和感がある?
と、こちらも悩むところ。

招待状や席次表のデザインの季節は
こちらに合わせるべき!という
明確な決まりはありません。

では、先輩花嫁さんたちは
どんな風にデザインを選んでいるのでしょうか?

今回は、デザイン選びのポイントと
5つのパターンごとに
おすすめのデザインもご紹介していきますね。


1.ゲストが目にする季節に合わせる

招待状と席次表のデザインの選び方、1つ目は
「ゲストが目にする季節に合わせる」です。

招待状がゲストの手元に届くのは挙式の2~3か月前、
席次表は結婚式当日と
ゲストが目にする時間が空くため、
それぞれ異なるデザインにしても問題はありません。

季節感にはこだわりたいけど、ズレが気になるという場合は
ゲストが目にする(手にする)季節を大切にしましょう♪

◆冬から春に向けてぴったりなデザイン


▷komachi[こまち]招待状 1セット印刷込250円(税別)

厳しい寒さの中に
一足早い春の兆しを感じて咲く梅の花の招待状。
まだまだ蕾が残るデザインが
これから膨らみ花咲く姿を想像させてくれる
冬から春先にかけて送りたい招待状です。

◆春らんまんな季節におすすめのデザイン


▷sakura[さくら]席次表 1部印刷込270円~(税別)

ふたりの新たな門出を華やかに彩る桜の席次表。
風情ある優しい色合いで描かれた桜の花が
春の訪れを感じさせてくれるデザインです。


2.招待状と席次表でデザインを揃える

2つ目の選び方は
「招待状と席次表でデザインを揃える」です。

この場合はどちらかというと
結婚式当日の季節に合わせたデザインで
統一するのがおすすめ♪

招待状をもらった時点ではまだ少し先に感じても
新しい季節の訪れを予感させるデザインが
結婚式をより一層楽しみにさせてくれるはず。
会場装飾は結婚式当日の季節に合わせる場合が多いため
当日の統一感も出しやすくなります☆

◆春婚におすすめの華やかなデザイン


▷caro[カーロ]招待状 1セット印刷込250円(税別)

やさしい水彩タッチの花々が
春の訪れを感じさせてくれる招待状。
温もり感のあるスキンカラーのデザインが
春のあたたかな空気まで運んでくれそう☆

▷同デザインの席次表は こちら

◆夏ウエディングに期待が高まるデザイン


▷Strelitzia[ストレリチア]招待状 1セット印刷込250円(税別)

抜けるような青空と夏の日差しを運んでくれる
南国のグリーンモチーフの招待状。 
鮮やかな色合いとリゾートムード満点のデザインが
ふたりの夏ウエディングへの期待を高めてくれます。

▷同デザインの席次表は こちら


3.季節を限定しないモチーフやデザインを選ぶ

まだ結婚式のテーマや会場装飾のイメージが
決まっていない!というふたりは
「季節を限定しないモチーフやデザインを選ぶ」
のもひとつのアイデア。

シンプルなデザインや
季節を問わない植物モチーフのデザインなら
後ほど結婚式のテーマや装花イメージが固まったあとに
招待状のイメージとかけ離れてしまった!という心配もありません。

◆人気のグリーンモチーフをあしらったデザイン


▷Bianca[ビアンカ]招待状 1セット印刷込250円(税別)

人気のグリーンモチーフも
落ち着いたグリーンと清楚なホワイトのお花なら
季節を問わず使えるのが嬉しい♪
気品あふれるリースデザインは
どんなコーディネートにもピッタリです。

▷同デザインの席次表は こちら

◆どんな結婚式テーマにも合わせやすいシンプルなデザイン


▷soie ホワイト[ソワ]招待状 1セット印刷込250円(税込)

風合いのあるテクスチャーが
洗練された雰囲気を醸し出す招待状。
シンプルでありながら
センスの良さを感じさせてくれるデザインです。

▷同デザインの席次表は こちら


4.会場の雰囲気や結婚式のテーマに合わせて選ぶ

招待状と席次表のコーディネートを重視するふたりなら
「会場の雰囲気や結婚式のテーマに合わせて選ぶ」
のがおすすめ。

会場装飾との統一感が出るため
よりふたりの世界観を表現できます♪

◆ラグジュアリーなホテル婚にふさわしいデザイン


▷Glanz ホワイト[グランツ]招待状 1セット印刷込250円(印刷込)

高級感のあるホワイトに
ゴールド箔をあしらった美しい招待状。
オーセンティックなフォントに気品漂うデザインは
ラグジュアリーなホテル婚にピッタリ!

▷同デザインの席次表は こちら

◆和モダンウエディングを彩るデザイン


▷雅[みやび]招待状 1セット印刷込250円(税込)

「菊」文様の伝統柄と鮮やかなカラーの組み合わせが
モダンでトラディショナルな招待状。
伝統を重んじながらも
おしゃれな和婚を目指すふたりに
おすすめのデザインです。

▷同デザインの席次表は こちら


5.ふたりの共通の趣味や好きな色から選ぶ

好みが似ているふたりなら
「ふたりの共通の趣味や好きな色から選ぶ」
のはいかがでしょうか?

テーマや会場装飾が決まっていない場合は
ふたりが気に入った招待状のデザインから
コーディネートのアイデアを
広げてみるのもおすすめです☆

◆海が好きなふたりにぴったりのデザイン


▷Glassy ホワイト[グラッシー]招待状 1セット250円(税別)

ホワイトとネイビーの大人のマリンカラーが
海好きなふたりにピッタリの招待状。
サーフィン用語で
ベストコンディションを表す “Glassy” だから
サーフィンが趣味のふたりにもおすすめ♪

▷同デザインの席次表は こちら

◆モノトーンでシックにまとめた結婚式におすすめのデザイン


▷Fleurette mono[フルレット モノ]招待状 1セット印刷込250円(税込)

上品なグリーンモチーフを
ニュアンスカラーのモノトーンで仕上げた
ナチュラルさとクールさをあわせ持った招待状。
モノ と セピア の2色から選べるから
新郎ゲストと新婦ゲストで異なる色を選ぶのも◎

▷同デザインの席次表は こちら


気になるデザインはサンプル請求がおすすめ!
4デザインまで選べるから
まずはお気に入りのデザインを取り寄せて
実際の紙質や質感を確かめてみてくださいね♪
▷サンプル請求は こちら


◇WEDDING LOUNGE TOKYOのご案内◇



原宿・明治神宮前にあるショールーム
“WEDDING LOUNGE TOKYO” では
招待状・席次表の全デザインを
手にとって確かめることができます。
どのデザインにするか決めきれないという方や
プロに相談したいという方はぜひお越しください!

◆取り扱いアイテム◆
招待状
席次表・席札・メニュー表
ウェルカムボード
結婚報告はがき
プチギフト・引き出物
演出ムービー

▷ショールームの詳細・アクセスは こちら


招待状と席次表のデザイン選びのポイントと
5つのパターンごとに
おすすめのデザインをご紹介しました。

ハッピーリーフでは季節やテイストを選択して
デザインを検索することもできるので
デザイン選びもスムーズ!

ふたりらしい招待状・席次表をチョイスして
理想のウエディングを叶えてくださいね♪


▶HAPPY LEAF 招待状一覧へ
▶HAPPY LEAF 席次表一覧へ